学習ステップ

STEP01指導

学校の授業進度に則した指導を行います。

  • ①その日の学習内容のポイントをノートへ写してから、黒板で補足説明を行います。
  • ②その後、基礎問題から順に解いていきます。プリントはステップに合わせて一人ひとり違うものを作成しています。
  • ③わからないところは辞書や参考書、教科書を使って自発的に調べます。
  • ④調べても分からないところ、理解できないところは説明・解説しながら解いていきます。
  • ⑤単語の読みなど、一人ずつ対面指導を行います。

少人数制なのでどこでつまづいているのかしっかり目を配ることができ、一人ひとりのステップに合った指導ができます。

STEP02理解

基礎問題で知った解き方や考え方を、理解していきます。

  • ①少し内容を変えた問題を繰り返し解き、コツを習得します。
  • ②間違えた問題や苦手な部分をノートに書き出し、重点的に学習します。
  • ③暗記が必要な英単語などは対面でチェックを行います。

自分が「知った」情報を「理解」することで知識として身につけることができます。知識として身につけば応用が利き、より多くの問題にチャレンジすることができます。少人数制なので質問がしやすく、基礎問題で解き方を知ってから理解し、応用問題で知識として身につけるまで、スムーズに進めることができます。

STEP03定着

一人ひとりの理解度に応じて繰り返し学習していきます。

  • ①苦手な内容は、必要に応じて前の単元や前学年までさかのぼって学習します。
  • ②計算ミスなどのケアレスミスや暗記した情報の度忘れが無いように、反復練習を徹底します。
  • ③十分に理解できていれば応用問題に進み、身に付けた知識を定着させていきます。

知識を定着させることで、一夜漬けなどのような「テストのための知識」ではなく、他の問題を理解するためにも使える長期での記憶・知識となります。

STEP04テスト対策

理解度を確認するテストと、学校のテスト対策を行います。

  • ①市内の学校のプリントや過去問題を使って問題の傾向を分析し、学習していきます。
  • ②弱点が見つかれば、「覚える」のではなく「理解できる」まで重点的に学習します。

学校のテストは成績や進路に関わる大切なものです。テスト当日にしっかり実力が発揮できるよう対策していきます。